トレンドマイクロは「すぐ役立つ!フィッシング詐欺を見抜くためのポイントとは?」を公開

2017年7月31日

7月27日 トレンドマイクロは公式ブログにすぐ役立つ!フィッシング詐欺を見抜くためのポイントとは?という記事を公開しています。

この記事は、「フィッシング詐欺」に関するチックリストがあります。

下記のようなリストを公開しています。

ぜひ、「フィッシング詐欺」に引っかからないように留意し確認する習慣をみにつけるようにしてください。

 

 

・「個人情報や認証情報を安易に要求してくる」メールに用心する。
・リンクをクリックする前に、URLの上にマウスカーソルをかざして表示される「参照先」を確認する。
・「心当たりがないタイミング」で、勝手に送られてくるメールは非常に疑わしい。
・「登録したものと異なるアドレスに届いたメール」は、一斉配信されたスパムの可能性大。
・「期限を区切って早急な対応を求める」「威圧的・脅迫的な内容」のメールも危険。
・「普段と異なるドメイン」から送信されたメッセージは危険信号。Web検索で確かめるのもよい。
・「あいさつ文がない、個人名を書いていない等、普段と異なる書式」のメッセージは危険信号。
・「画像を読み込まない」「表示が崩れている」メッセージは危険信号。
・文法間違いやスペルミス等、「不自然な文章」のメッセージは危険信号。
・「無意味な文字列」のメールタイトルは、通常ありえない。
・自身が使用しているメールクライアントの機能を再確認し、不審メールはブロックする。
・日本の銀行、クレジットカード会社等の金融機関は、基本的にメールによる口座番号や暗証番号、本人確認は行っていない。
・会員番号を使用しないサービスから会員番号を含むメールが送られてきた際には注意が必要。
・個人情報を扱う正規サイトでは、通常「HTTPS」通信が使用され、ブラウザに錠前マークが表示される。

 

 

詳細は

https://www.is702.jp/news/2183/

お問い合わせ

CSIRT
電話:0852-32-6091