Adobe、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正

2017年9月14日

Adobe has released security updates for Adobe Flash Player for Windows, Macintosh, Linux and Chrome OS. These updates address two critical memory corruption vulnerabilities that could lead to code execution.Adobe Flash Player installed with Microsoft Edge and Internet Explorer 11 for Windows 10 and 8.1 will be automatically updated to the latest version, which will include Adobe Flash Player 27.0.0.130.

 

上述した通り、Adobe Systemsは、2件の深刻な脆弱性を修正した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートをリリースした。特に「IE」や「Edge」では早期に更新するよう呼びかけています。

 

 

お問い合わせ

CSIRT
電話:0852-32-6091