教員の私用メールアカウントが不正アクセス (学生や関係者の個人情報含むメールが流出の可能性)

2018年1月30日

滋賀県立大学は、教員の私用メールアカウントが不正アクセスを受け、学生や関係者の個人情報含むメールが流出した可能性があることを明らかに

 

滋賀県立大学ホームページより抜粋

平成30年1月19日に、本学教員から、使用している情報端末に不調があるとの連絡が情報管理担当者にあり、調査したところ、当該教員の私的なメールアカウントに海外からの不正アクセスが認められたことが発端となりました。当該教員については、学外のメールシステムに、学内のメールを転送することで、自宅や出張先などでも学内メールの受信や内容確認ができるよう、大学の許可を得て設定していました。転送された430通にのぼるメールの内容を、急ぎ確認したところ、本学教職員、学生などの個人情報が含まれていたことが判明いたしました。

 

 

詳細は下記のサイトで確認してください。

http://www.usp.ac.jp/info/w727/

 

 

 

 

お問い合わせ

CSIRT
電話:0852-32-7063